インターンシップ制度

 インターンシップ参加者が、現実に近い形で受注から納品までの開発作業を体験する事によって、関連する専門知識・技術を習得し、システム開発の適応能力を身に付けることを目的としております。

インターンシップ制度の特長

  • 現場で実際に仕事をしていたベテラン技術者が講師役を勤めており、生きた技術・ノウハウを伝授できる。
  • 長期間に渡る研修にて、本格的に専門知識・技術を習得できる。
  • 学校では殆ど習う事の出来ない上流工程(要求分析・基本設計)を体験できる。
  • 実際の開発に極めて近い形式で研修を進めるので、進捗管理、報連相、成果物の品質、ドキュメントなどの重要性を認識できる。
  • 研修開始時に役割分担を決め、各自がその役割で責任を持ちながら他の役割の参加者と協力してシステム開発を進める事により、コミュニケーションの方法・ノウハウを習得できる。

インターンシップ制度の内容

  • システム開発の全体像やプロジェクトの各フェーズでのノウハウを講義。
  • 擬似開発を行い、仮想ユーザーからの仕事の受注、開発、納品までを体験。
  • 擬似プロジェクトと並行して、未経験者の方向けにプログラム言語学習を実技形式で実施。

インターンシップ制度対象

大学生、大学院生、短期大学・専修学校生、高等専門学校生
文系/理系、男女は問わず

毎回15名程度

期間

開始時期、期間等、詳細に関してはメールにてお問い合わせ下さい。

場所

システム開発部

手当

日当、交通費の支給はありません。

過去の参加学校

京都大学、大阪大学、神戸大学、愛媛大学、鳥取大学、山梨大学、岡山県立大学、長崎大学、大阪府立大学、早稲田大学、関西学院大学、関西大学、同志社大学、立命館大学、京都産業大学、近畿大学、甲南大学、帝塚山大学、関西外国語大学、日本大学、桃山学院大学、常磐会学園大学、摂南大学、阪南大学、大阪電気通信大学、大阪工業大学、大阪産業大学、大阪成蹊大学、大阪経済大学、大阪経済法科大学、流通科学大学、園田学園大学、京都光華大学、奈良産業大学、金沢工業大学、高知工科大学、明石工業高等専門学校、HAL大阪、清風情報工科学院、大阪情報コンピュータ専門学校、京都コンピュータ学院、近畿職業能力開発大学校、米国ノースアラバマ州立大学、大阪音楽大学

お問い合わせ

問い合わせはこちらから

ページのトップへ戻る